last update:2010/1/14
信重 銀工房こじま
TOP Email

銀工房こじま web page

 
ひさご銀製 帯留 夏の涼 <色金の金魚>
 


夏らしい帯留です。

流水紋が本体になり、色金で作った
金魚を かしめ留めしました。

黒い金魚は、赤銅を煮色技法により、赤銅独特の黒に。
赤い金魚は、純銅です。煮色で赤くする(朱銅)予定ですが
今回の一個目は、火(緋)銅という、焔をつかって赤くする方法を
取りました。
この色金は、画像を見ると、まるで塗装したように見えますが
ペイントではなく、伝統技法により、素材がその色になったものです。

透かしも涼し気な帯留です。

赤銅(しゃくどう)銅に数%の純金を混ぜたむかしながらの合金です。
秘伝の液体で煮ると青みがかった黒が再現出来ます。
金の量を増やすと、青みも増し、なす色にも出来ます。

火<緋>銅(ひどう)は焔で熱してある液体に入れると赤くなります。
色は偶然性も味方につけて一番いい赤になるまで
なんども行わなくてはなりません。

朱銅(しゅどう)は、銅を秘伝の液体で煮て赤くする方法です。

(伝統工芸秘法集:参考)
 
(オーダーをご希望の方はお気軽にお問い合せください)


秘法集

 
各方向から<銀部分は艶仕上げ>

 
かしめているところ
   
【仕様】
素 材/銀(970/1000)今後変更の可能性有り
    赤銅/純銅
(色金は保護のためクリアー塗装しております)
桐箱付
サイズ/タテ約30×ヨコ約44×厚さ約6mm
帯通しの穴、幅5ミリx14ミリ
重 量/約8.7g
 

 



 

 

 

参考上代価格:47.000円(オープン価格)
ハンドメイドですので、まったく同じものは
ございません。
(大量発注時は、応相談:見積もり金額、製作条件は変わります)
 
 
【ご注文】

販売価格はオープン価格です。

メールでも受け付けております。
または
Tel&Fax:03-3902-0816
お見積もりを出しますのでお気軽にお声かけください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     
banner    
(C)2009 All Rights Reserved, la bottega di KOJIMA
This webpage link free,please contact us.