last update:2010/1/14
信重 銀工房こじま
TOP Email

銀工房こじま web page

 
ひさご銀製 ペーパーナイフ 3種
 


左から、七宝柄
中央、六瓢箪(無病)柄
右、青海波柄

 
七宝柄

七宝とはもともと仏教用語で、貴重だった七珍の事だそうです。
経典でちがうのですが、
(金・銀・瑠璃・玻璃・珊瑚・瑪瑙・しゃこ)の事だそうです。
七宝つなぎ紋様にし、丸くする事で円満の意味もあるそうで、
吉祥紋様の一つです。縁起がよいとされています。

【仕様】
本体サイズ:長さ115×幅18×厚さ1.5mm(房なし時)
銀のおもさ:約8g
全体で約10g
房の色:藤色
材質:100%ハンドメイド時-シルバー970
   鋳物の場合-シルバー925

 
六瓢箪(無病)柄

瓢箪は古来より縁起が良いとされます。
三つ揃えば、三拍(瓢)子揃って縁起が良い。
六つ揃えば、無病(六瓢)息災。
というように、六つの瓢箪は吉運を呼ぶ
縁起の良いものとされておおります。

【仕様】
本体サイズ:長さ115×幅18×厚さ1.5mm(房なし時)
銀のおもさ:約8g
全体で約10g
房の色:エンジ色
材質:100%ハンドメイド時-シルバー970
   鋳物の場合-シルバー925

 
青海波柄
青海波(せいがいは)は中国の青海地方の山岳紋様に由来する。
日本では、舞楽の装束に使われていたと言う。
穏やかに続く海という意味も有るようで、吉祥紋の一つです。
波の形も扇形である為末広がりの意味合いも含まれるそうです。


【仕様】
本体サイズ:長さ115×幅18×厚さ1.5mm(房なし時)
銀のおもさ:約8g
全体で約10g
房の色:水色

材質:100%ハンドメイド時-シルバー970
   鋳物の場合-シルバー925
 
 


特徴

綺麗に延べた地金一枚から切出し、糸のこで透かし等を手作業で作る場合と
それを原形にして、鋳物で複製する場合と2パターン御用意しております。

100%手作業時、2万円以内。
鋳物時 1万円以内
で、販売されます。(オープン価格)

使い心地は変わりません。

基本仕様では、ロジウムメッキはされていません。
別途料金で賜る事も出来ます。

オリジナルを賜れます。

*刻印を入れ、会社の記念品などにもいかがですか?





3種類とも桐箱がつきます。
 
【ご注文】

販売価格はオープン価格です。

メールでも受け付けております。
または
Tel&Fax:03-3902-0816
お見積もりを出しますのでお気軽にお声かけください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     
banner    
(C)2009 All Rights Reserved, la bottega di KOJIMA
This webpage link free,please contact us.