last update:2010/2/6
信重 銀工房こじま
TOP Email

銀工房こじま web page

 
ひさごうちだし 瓢箪から駒タイタック
 


裏には
かなり小さいスペースに
打込み象嵌の純銅の馬を配しました。
羽織り裏のようなニュアンスで
目立たないところに、こだわりました。
いわゆる瓢箪から駒にちなんでおります。

 

実物の大きさ



タイタックなので、かなり小さいです。
その為かえって手間がかかります。

 


<瓢箪から駒>


小さい瓢箪から思いもよらない
馬が出たら驚きますね。
そうした
思いもよらないいい結果をあらわす言葉として
古くから言われております。

 

作業風景

1.ヤニの上で打ち出します

2.切りたがねでくり抜き

3.キサゲ等で削る

4.純銅の馬を切り回し
5.裏ふたに馬を象嵌する

6.色上げ

7.がかしめ留め
タックピンをハンダ止め

   
 

 



桐箱サイズ:60×55(mm)
商品サイズ:20×10(mm)

仕上げ選べます:すかし/一部金さし/荒らし
素材:純銀・純銅/ピン洋白・キャッチ真鍮
箱:桐製
キャッチ部分の仕様は変わる事も有ります。

*製品表面に塗装はしておりません。
たまに磨いてください。
使い込む程にいい色になってまいります、
象嵌部分は磨かないでください。


*基本一個一個、
手作りな為
同じ物は出来ません。

 
【ご注文】

販売価格はオープン価格です。

メールでも受け付けております。
または
Tel&Fax:03-3902-0816
お見積もりを出しますのでお気軽にお声かけください。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
     
banner    
(C)2010 All Rights Reserved, la bottega di KOJIMA
This webpage link free,please contact us.